快便には食物繊維に加え腸内環境を整える青汁を

「健康に良い」と言われている青汁。
今回はその青汁によって”便秘改善”の効果があると言われる秘密をご紹介致します!

1.青汁には食物繊維が豊富

「快便=食物繊維」というのはみなさんの頭の中にはなんとなくありますよね。
ではまずは食物繊維について勉強しましょう!

■食物繊維について

食物繊維は体内の”消化酵素”では消化できないといわれています。
つまり、どういうことかというと、体内に吸収されないので0キロカロリーというカロリーがないのです。
効果としては、
・ダイエット効果・・・満腹感を得ることができる、油の吸収を防ぐ、食前にとると血糖値があがりにくい⇒体脂肪として蓄積されにくい
・健康・・・食品添加物の吸収を抑える、コレステロールを抑える、便秘の予防などがあります。

■食物繊維は大きく分けて2種類ある

実は食物繊維には大きく分けて2種類あります。
①不溶性食物繊維
主に野菜や穀類や豆類などに含まれます。繊維状になっておりイメージとしては「筋」と考えてみてください。
“不溶性”ですので水には溶けません。しかし、水分を吸収して体内で膨らみます。
それが便の量を増すことで腸内を刺激します。
腸内の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする働きがあるのがこの不溶性食物繊維です。

②水溶性食物繊維

主に昆布やワカメなどの海草類や果物、こんにゃく、などに含まれています。
不溶性食物繊維は体内で膨張しますが、水溶性は水に溶けるので腸内の余分な水分を吸収し、便の柔らかさをお手伝いする食物繊維です。

2.青汁にはどちらが多く含まれているの?

ほとんどの青汁は不溶性食物繊維も水溶性食物繊維もバランスよく含んで作られています。
なぜかというと、主原料として使われている、ケールや明日葉、桑の葉などには多く食物繊維自体が含まれているからです。

3.便秘には青汁を!

日常的に生活をしていて知らず知らずのうちにかかっているストレスやホルモンバランスの崩れによって便秘になることもあります。
もちろん不規則な食事もそのうちの一つです。
青汁で全てが改善されるというわけではありませんが“便秘改善の手段”として飲むのは非常に効果的です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です